特許出願

こんなとき特許取得を考えよう


 ひとつの製品が生まれると、そこには発明、意匠、商標という知的財産が同時に誕生します。当事務所ではその中でも技術的アイディアがある発明について、取り易く、使い易く、潰されにくい特許権を取得することを目指します。


出願の完了までは秘密に

出願する前に発明品を商品にして売ったり、秘密を守る義務のない人に教えたりすると、特許を受けることができなくなります。発明をなさったら、出願するまでは秘密にしておくことが大切です。


特許最良の権利化のアドバイス


 ご発明の内容を詳細にお聴きして、顧客様の利益本位で、特許権の取得を目指すか、またはノウハウとするかについて、適切な選択肢をご呈示致します。


発明内容を充実させます


 ご発明についてご相談を戴きましたら、その内容を詳細にお聴きして、ご発明を充実させるお手伝いを致します。お客様との綿密なコミュニケーションを通じて、ご発明を内容豊かなものに仕上げます


発明のお手伝いもします


 お客様の発明を特許へと実らせるのが、弁理士の本来の仕事です。しかし、私どもは、ぼんやりしたアイデアレベルのご発明をお持ち下されば、お客様と相談しながら、具体的な発明に仕上げるお手伝いも致します。










特許取得、登録までの流れ
特許取得までの流れ